アニメは映像にこだわるべきか?

Posted on

動画配信サイトでアニメを観てると、思わず「スゴいなー」と声に出したくなることってありませんか?何がスゴいのかは人それぞれですが、特に最近のアニメは映像や演出効果がスゴいと私は思っています。そのため、アニメを観ながら映像に驚くことも多々あるんですよね。昔のアニメと比べたら一目瞭然で、3Dどころか滅茶苦茶リアルな映像も珍しくはなくなりました。制作側も相当映像に力を入れてるんだな、と分かるくらいのアニメもあります。 でも映像だけで面白くない、って感じたことはないでしょうか。こう熱中できるような展開や盛り上がりが無く、ただ淡々とアニメ動画を観ているような感覚になったことがある方もいると思います。映像がスゴいのは観れば分かるんですが、その分物語に深みがなかったり、世界観が分かりにくなかったりすることって多いですよね。それが悪いわけではないんですが、せっかくアニメを作るなら映像だけじゃなく物語にもこだわって欲しいと感じることがあります。 昔のアニメが何故名作が多いと言われるかは簡単です。物語に深みがあって、かつ魅力的な登場人物、そして人物描写が巧みなんですよね。当然古いから映像はイマイチですが、逆に物語や登場人物がそれを上手くカバーしています。おかげで映像の寂しさに気が散ることなくアニメにのめり込めるんですよね。逆に考えると、昔のアニメのような深い物語や人物描写に映像を合わせたら、後世に残る名作もどんどん生まれるんじゃないでしょうか。